日本古典パロディ


徒然草  枕草子  平家物語


− 徒然草パロディ (1991〜1997年作) −

原文 パロディ
つれづれなるままに、日暮らし、硯に向かひて、心に移りゆく由(よし)無し事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 つれづれなるままに、日暮らし、他人に向かひて、心に移りゆく恨み事を、そこはかとなくあたり散らせば、あやしうこそ心地よからめ。

★・・・とは言ってみたものの、自分がやられるといやですよね〜。みなさんも嫌われないように気をつけてくださいね。

三十六 「久しく訪れぬころ、いかばかり恨むらんと、我が怠り思ひ知られて、言の葉なき心地するに、
女の方より、『仕丁(じちょう)やある。一人』など言ひおこせたるこそ、ありがたく、うれしけれ。
さる心ざましたる人ぞよき」と人の申し侍りし、さもあるべきことなり。
「久しく返さぬころ、いかばかり恨むらんと、我が貧乏思ひ知られて、言の葉なき心地するに、
暴力団の方より、『金やある。返せ』など言ひおこせたるこそ、あさましく、おぼつかなかりけれ。
さる心ざましたる人ぞあしき」と人の申し侍りし、さもあるべきことなり。

★ご利用は計画的に!

四十五 公世(きんよ)の二位の兄人(せうと)に、良覚(りゃうがく)僧正と聞こえしは、極めて腹あしき人なりけり。
坊の傍らに、大きなる榎(え)の木のありければ、人、「榎木僧正(えのきのそうじゃう)」とぞ言ひける。
この名然るべからずとて、かの木を切られにけり。その根のありければ、「切りくひの僧正」と言ひけり。
いよいよ腹立ちて、きりくひを掘り捨てたりければ、その跡大きなる堀にてありければ、「堀池僧正」とぞ言ひける。
公世の二位の兄人に、良覚僧正と聞こえしは、極めて腹あしきオタクなりけり。
坊の傍らに、綾波レイのフィギュアのありければ、人、「エヴァンゲリオンオタク」とぞ言ひける。
この名然るべからずとて、かのフィギュアを捨てられにけり。その箱より月野うさぎフィギュアのパンフの出でければ、「セーラームーンオタク」と言ひけり。
いよいよ腹立ちて、パンフを破り捨てたりければ、その内よりナウシカの原画注文書の出でければ、「ナウシカオタク」とぞ言ひける。

★まあ、オタクはどこまでもオタク、と・・・。でも、ナウシカとセーラームーンを同格に考えてよかったかなぁ??

五十二 仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心憂く覚えて、あるとき思ひ立ちて、ただひとり、徒歩(かち)より詣でけり。
極楽寺・高良(かうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果たし侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。
そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参ることこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。
仁和寺にある法師、年寄るまで東大を拝まざりければ、心憂く覚えて、あるとき思ひ立ちて、ただひとり、徒歩より詣でけり。
お○の水、○田塾などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果たし侍りぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。
そも、参りたる人びとみな女なりしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、男がただひとり居るはいと恥づかしと思ひて、早々しく罷(まか)りき」とぞ言ひける。
少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。

★東大(本郷)とお○の水は同じ文京区内だからともかく、○田塾を「少しのこと」では済ますのは・・・やっぱり無理があるね・・・

八十九 「奥山に、猫又といふものありて、人を喰らふなる」と人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経上がりて、猫又に成りて、人獲ることはあなるものを」と言ふ者ありけるを、
何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが聞きて、独り歩かん身は心すべきことにこそと思ひけるころしも、
ある所にて夜更くるまで連歌して、ただ独り帰りけるに、小川の端にて、音に聞きし猫又、あやまたず、
足もとへ寄り来て、やがてかきつくままに、頸(くび)のほどを喰はんとす。
肝心(きもごころ)も失せて、防がんとするに力もなく、足も立たず、小川へ転び入りて、「助けよや、猫又よや、猫又よや」と叫べば、
家々より、松ども灯して走り寄りて見れば、このわたりに見知れる僧なり。
「こは如何に」とて、川の中より抱き起こしたれば、連歌の賭け物取りて、扇・小箱など懐に持ちたりけるも、水に入りぬ。
希有(けう)にして助かりたる様にて、這ふ這ふ家に入りにけり。
飼ひける犬の、暗けれど、主を知りて、とびつきたりけるとぞ。
「奥山に、リングといふビデオありて、人を呪ふなる」と人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、貞子なる女の経上がりて、ビデオに成りて、人殺(と)ることはあなるものを」と言ふ者ありけるを、
何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが聞きて、ビデオ見ん身は心すべきことにこそと思ひけるころしも、
ある所にて夜更くるまでビデオ見て、ただ独り帰りけるに、井戸の端にて、音に聞きし貞子、あやまたず、
足もとへ寄り来て、やがてかきつくままに、頸(くび)のほどを喰はんとす。
肝心(きもごころ)も失せて、防がんとするに力もなく、足も立たず、井戸へ転び入りて、「助けよや、貞子よや、貞子よや」と叫べば、
家々より、松ども灯して走り寄りて見れば、このわたりに見知れる僧なり。
「こは如何に」とて、川の中より抱き起こしたれば、「リング」の小説取りて、「らせん」「ループ」など懐に持ちたりけるも、水に入りぬ。
希有(けう)にして助かりたる様にて、這ふ這ふ家に入りにけり。
囲ひける女の、暗けれど、主を知りて、とびつきたりけるとぞ。

★(( m  m )) ←井戸から手が!!

百四十四 栂尾(とがのを)の上人、道を過ぎ給ひけるに、河にて馬洗ふ男、「あしあし」と言ひければ、上人立ち止まりて、
「あな尊(たふと)や。宿執開発(しゅくしふかいほつ)の人かな。『阿字阿字』と唱ふるぞや。
いかなる人の御馬ぞ。余りに尊く覚ゆるは」と尋ね給ひければ、
「府生(ふしゃう)殿の御馬に候」と答へけり。
「こはめでたきことかな。阿字本『不生』(あじほんふしゃう)にこそあなれ。うれしき結縁(けちえん)をもしつるかな」とて、感涙を拭はれけるとぞ。
栂尾(とがのを)の上人、道を過ぎ給ひけるに、河にて雑魚釣る男、「しめしめ」と言ひければ、上人立ち止まりて、
「あな怪しや。署名勧誘の人かな。『氏名氏名』と唱ふるぞや。
いかなる人の御竿ぞ。余りに怪しく覚ゆるは」と尋ね給ひければ、
「府生殿の御竿に候」と答へけり。
「こは怪しきことかな。氏名『不詳』にこそあなれ。怪しげなる結縁をもしつるかな」とて、感涙を拭はれけるとぞ。

★「不詳」が旧仮名遣いでも「府生」と同じ音かどうかは確認していませんが、たとえ違っていても見逃して下さい(哀願)

百八十二 四条大納言隆親(たかちか)卿、乾鮭(からざけ)といふものを供御(くご)に参らせられたりけるを、「かくあやしき物、参る様(やう)あらじ」と人の申しけるを聞きて、大納言、「鮭といふ魚、参らぬ事にてあらんにこそあれ、鮭の白乾し(しらぼし)、何条(なでふ)ことかあらん。鮎の白乾しは参らぬかは」と申されけり。 四条大納言隆親卿、乾蛙(からがへる)といふものを供御(くご)に参らせられたりけるを、「かくあやしき物、参る様(やう)あらじ」と人の申しけるを聞きて、大納言、「蛙といふもの、参らぬ事にてあらんにこそあれ、蛙の白乾し(しらぼし)、何条(なでふ)ことかあらん。鮎の白乾しは参らぬかは」と申されけり。

★原文の「鮭」の魚偏を虫偏に変えただけという、原文との一致率が極めて高い作品です。確かに食用ガエルあたりは結構おいしいらしいですが・・・供御には、ちょっと、ねぇ・・・

二百四十三 八つになりし年、父に問ひていはく、「仏は如何なるものにか候ふらん」といふ。
父がいはく、「仏には、人の成りたるなり」と。
また問ふ、「人は何として仏には成り候ふやらん」と。
父また、「仏の教へによって成るなり」と答ふ。
また問ふ、「教へ候ひける仏をば、何が教へ候ひける」と。
また答ふ、「それもまた、先の仏の教へによりて成りたまふなり」と。
また問ふ、「その教へ始め候ひける、第一の仏は、如何なる仏にか候ひける」といふとき、父、「空よりや降りけん。土よりや湧きけん」と言ひて笑ふ。
「問ひ詰められて、え答へずなり侍りつ」と、諸人に語りて興じき。
八つになりし年、父に問ひていはく、「数学は如何なるものにか候ふらん」といふ。
父がいはく、「数学とは、数の学と成りたるなり」と。
また問ふ、「数は何として学には成り候ふやらん」と。
父また、「数学者の教へによって成るなり」と答ふ。
また問ふ、「教へ候ひける数学者をば、何が教へ候ひける」と。
また答ふ、「それもまた、先の数の学によりて成りたまふなり」と。
また問ふ、「その学となり候ひける、第一の数は、如何なる数にか候ひける」といふとき、父、「一にやありけん。二にやありけん」と言ひて悩む。
「問ひ詰められて、逆ギレし侍りつ」と、諸人に語りて興じき。

★「興じき」って・・・最悪な親父やな(笑)
親のみなさん、子供の言葉には真正面から向き合いましょう!



− 枕草子パロディ (2003年作) −

原文 パロディ
春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山際(やまぎは)、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
春は禿げ者。
やうやう広くなりゆく額際(ひたひぎは)、少し明かりて、薄くなりたる髪の細くたなびきたる。
夏は夜。
月の頃はさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。
また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも、をかし。
雨など降るも、をかし。
夏はツルっ。
月の頃はさらなり、闇もなほ、禿の多く歩みちがひたる。
また、ただ一人二人など、ほのかにうち光りて行くも、をかし。
髪など落つるも、をかし。
秋は夕暮れ。
夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、烏(からす)の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。
まいて、雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。
日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。
秋は憂鬱。
年かさ増して、禿までいと近うなりたるに、中年の養毛所へ行くとて、三人四人、二人三人など、駆け急ぐさへ哀れなり。
まいて、ヅラなどのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとあさまし。
髪抜け果てて、涙声、狂ひ声など、はた言ふべきにあらず。
冬はつとめて。
雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりて、わろし。
冬は(髪を)求めて。
髪の生えたるは言ふべきにもあらず、髪のいと白きも、またさらでも、いと長きに、鏡を急ぎ起こして、櫛持て渡るも、いとうらやまし。
歳をとりて、軽く抜け落ちたれば、額(ひたひ)の際(きは)も堅きM型になりて、わろし。


− 平家物語パロディ (2003年作)−

原文 パロディ
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
試験校舎の鐘の声、授業無情の響きあり。
学生諸君の顔の色、愚者必睡の理をあらはす。


「おあそびコーナー」トップ   ご感想はこちらから   Gran-Fénix.com トップ


©Gran-Fénix.com --- Produced by Nao Fénix